読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアとは real life of engineer

大手SIer からITベンチャーを経て世界規模の企業でエンジニアリングマネージャーを務める筆者の、仕事やソフトウェア開発にまつわる手記

書評 : 話す技術・聞く技術 ハーバード・ネゴシエーション・プロジェクト [話す技術・聞く技術]

 内容紹介(amazon より)

■全米70万部突破! ハーバード流交渉術の開発者が贈る究極技法
『ハーバード流交渉術』で知られるハーバード・ネゴシエーション・プロジェクトの大ベストセラー作品がついに日本に登場です! アメリカでは1999年に刊行され、すでに70万部以上を売り上げたロング&ベストセラーです。

 

評価

★ ★ ★ ★ ー (4/5) オススメ!

 

レビュー

本書の内容は、「相手の話を聞きましょう」「相手には相手の見方があるので、それを想像しましょう」「他人をコントロールすることはせきません」といった、よくある考え方に立脚はしているのだけれども、そういった、正しいけれども当たり障りのない原理・原則を論じる内容ではなく、むしろそれがわかっていたとしてもコミュニケーションの困難が伴うシーンについて、例えば言いにくいことを伝える場合、こちらが自己開示を試み、相手に関心を持って接したとしても、相手が心を開かないばかりでなく、話がこじれ、対立し、協調に失敗をするような時、そこではどのようなメカニズムが働いているのか、どのような注意をして話を運べばより生産的な会話を成立させることができるのか、その技術について論じた本です。

 他のビジネス書と一線を画しているのは、困難なシチュエーションを扱う場合にありがちだけれども見落としていたり無視をしている心理的な傾向、触れたくないエゴや感情の働きについて、冷静で客観的な分析を通じて、それを否定をすることなく、どのように対応をしたら建設的なコミュニケーションを構築できるのか、その技術を、例を多用しながらわかりやすく書き出しているところにあるのだと思います。

 仕事でも、夫婦でも、親子でも、お互い善意を持ってことをよく運ぼうとしているのに、なぜか考え方の違いを残り超えられずにつまずいてしまう・うまく行かない、といったことを日々感じている方には、かなりお勧めの本です。

「エンジニアだから」とコミュニケーションに苦手意識を持っていると、せっかくの技術の腕を生かせずもったいないことになることって、よくありますからね。

話す技術・聞く技術―交渉で最高の成果を引き出す「3つの会話」

話す技術・聞く技術―交渉で最高の成果を引き出す「3つの会話」